遺言書の書き方相談・相続手続きなら「遺言相続全国マップ」遺言書の作成・相続手続きをサポートしてくれる全国の専門家をご紹介!

遺言相続全国マップ » 相続について » 遺留分減殺請求とは?

相続について

遺留分減殺請求とは?

遺留分減殺請求とは、兄弟姉妹を除いた法定相続人が被相続人から受け継げる最低限度の遺産を請求できる権利を指します。

被相続人はそれまで自分が形成した自分の資産を誰にどれ位相続するかを決める権利があります。

通常、被相続人の意向は遺言という形で残されます。そして法定相続分よりも遺言に書かれてある内容にそって遺産が相続されることになります。

しかし遺言の内容によっては、法定相続人であっても相続できるはずの遺産よりも極端に少ない、もしくは全く相続できないという状況も生じます。

そのため、民法では遺言であっても法定相続人(兄弟姉妹は除く)が相続できる最低限度の遺産の取り分を確保しています。

この取り分の事を「遺留分」と呼びます。遺留分は、直系尊属のみが法定相続人であれば、相続財産の3分の1。それ以外の場合は、相続財産の2分の1と決められています。

法定相続人は、法定相続分よりも多くの遺産を相続している他の法定相続人に対して、遺留分を渡すように請求することができます。

これが「遺留分減殺請求」です。遺留分減殺請求は裁判外での交渉、もしくは裁判所に訴訟を提起して回収することもできます。裁判所に提訴する場合は、まず家庭裁判所での調停手続きとなります。

相続手続きのご相談は遺産相続手続きサポートセンターへ

遺産相続手続きサポートセンター銀行口座解約、遺産分割協議書作成や戸籍の取り寄せなど相続手続きならお任せください。
死亡後、葬儀後に何をすれば良いかわからない・・・そのような方でも大丈夫です。徹底的に耳を傾け、解決策をご提案致します。まずはお気軽にお問い合わせください。

遺産相続手続きサポートセンター



遺言相続マップサービス案内


専門家PICKUP

行政書士延藤事務所

延藤 崇
行政書士延藤事務所
(兵庫)

行政書士延藤事務所の詳細を見る


遺言相続の専門家の皆様へ

遺言相続全国マップに登録しませんか?各地域3名限定!随時募集中!

スポンサードリンク


遺言相続全国マップをリニューアルしました!より使いやすく、より便利に!これからも当マップをよろしくお願いします! 2009.06.22